【cafore】みんなのカーシェアリング

マッチングサービス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらは、企業が貸し出すカーシェアリング用の車を利用するのではなく、個人の車を利用するカーシェアリング。

車を借りたい人と借りたい人をつなぐためのマッチングカーシェアリングです。

平日しか車を使わないので、休日に車を貸したい。
週末しか使わないので、平日に車を貸して有効利用したい。

こういった人々をつないで、車の貸し借りを行うものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正直、事故ったときがちょっと心配

車の所有者が使っていない時間、車を貸すことによって、収益を生むサイドビジネスとして利用を考えるのもよいでしょう。

保険については、借りる方はドライバー保険に1ヶ月単位での加入が必要になります。
この保険に加入することにより、対物・対人・自損事故などを保証してくれます。

貸す方は、車両損害や盗難の場合、自分で加入している保険を使うか、レンダー保証という毎月保険料を支払う車両保険に加入する必要があります。
しかしレンダー保証の場合、保証額は最高でも30万(免責5万)です。

それ以上の金額に関しては、やはり貸した側の車両保険を使って直すようなシステムです。

同じような仕組みのAnyca(エニカ)の場合は、借り手が1日単位で1,500円の保険に入るシステムがとられています。
こちらですと、車両保険に関しては最高300万円(免責15万)と、自分の保険を使うことなく高額の保障が付いています。

何も起きなければまったく問題なく、お互いWIN-WINの関係で終わりますが、事故が起きた時は貸し手側にもダメージがあります。

そのあたりのことも納得した上で利用しましょう。

車種の豊富さと安さは魅力

価格があらかじめ貸す側から提示されています。
レンタカーのように12時間や24時間でいくらというのが多いですね。

車両によってはかなり安いものもあります。

交渉は当事者間で行い、金銭はシステムを通して支払いが行われています。

借り手のかたは、色々な車が選べるので車種にこだわりのある方にはいいでしょう。

貸し手の方は、車を使っていない間の有効利用として考えてはいかがでしょうか?

 

コメント