カーシェアリングの事故の際の保証は?

基礎知識
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カーシェアリングで一番気になるのは、事故の際の補償がどうなっているのかということ。

事故はないに越したことは無いですが、もしもの際の保険が気になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大手カーシェアの補償内容

以下は、大手3社の保証内容です。

カレコカーシェアリングクラブ

  • 対人 1名限度額 無制限
  • 対物 1事故限度額 無制限(免責0万円)
  • 車両 1事故限度額 時価額(免責0万円)
  • 人身傷害 1名につき上限6000万円(無保険者障害2億円)

オリックスカーシェア

  • 対人 1名限度額 無制限(自賠責保険含む。免責0円)
  • 対物 1事故限度額 無制限(免責0円)
  • 車両 1事故限度額 時価額(免責0円)
  • 人身傷害 1名につき  3,000万円まで

※搭乗者の自動車事故によるケガ(後遺障害を含みます)及び死亡につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償いたします。(限度額3,000万円:損害認定額認定は保険約款に基づき保険会社が実施)

タイムズカープラス

  • 対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限 (自賠責補償 3千万円を含む)
  • 対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)
  • 車両補償(タイムズカープラスの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)
  • 人身傷害補償/(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)1名につき 無制限
  • 搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償します。(限度額無制限:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施いたします)

※搭乗者補償は付保されておりません。

 

詳細については、利用する各社のサイトにてご確認ください。

ルール違反がある場合は、会員資格取消も

各社詳細については違う部分もありますが、ルール違反や虚偽の報告などがあった場合は、会員資格の取り消しになる場合もあります。

タイムズカープラスでは、2年以内に複数回事故を起こした場合、会員資格の停止または取り消し、さらに車両の修理実費を請求されると明記してあります。

不慮の事故もありますが、利用の際は安全運転を心がけましょう。

NOC(ノンオペレーションチャージ)とペナルティが掛ります

保険に関しては免責0円ですが、別途NOC(ノンオペレーションチャージ)営業保証が掛ります。
事故やトラブルで車が使えなくなった時の、保証を支払う形になります。

各社20,000円と同額の設定です。

その他、場合によってはペナルティがかかる場合があります。
雪で車両が戻せなくなった場合の移動費用や、利用規約に違反した場合などなど、実費を求められる場合もあります。
みんなで車を共有するカーシェアリングですので、安全とマナーを考えて利用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
基礎知識
カーシェアリング案内所

コメント